• R.IDEA.LIZE, LLC

    R.IDEA.LIZE, LLC(リデアライズ合同会社)ではiPhoneアプリの計算アクションパズルゲーム MATHCALQ(マスカルク)などを開発しています。
  • MATHCALQ

    MATHCALQ(マスカルク)はR.IDEA.LIZE, LLCで開発中のiPhone用計算アクションパズルゲームです。近日公開予定です。
  •  
  •  

MATHCALQ

 
 
 

近日公開

 
 
 

計算アクションパズルの革命が今ここに。

脳内に降り注ぐ数字の豪雨!

horizontal break
 
 

*画面は開発中のものです

 
 

ルールは簡単!

次々に落ちてくる数字パネルと + – × ÷ ボタンを交互にタッチして計算していきます。運良く現在の計算結果と同じ数字のパネルが落ちてきたら = ボタンをタッチした後に、その数字パネルを答えとして選択します。正解ならそれまでに使用した数字パネルが全て消えます。一番上まで積み上がるとゲームオーバーです。

 
 
 

まるで電卓みたいな簡単操作!

たとえば の数字パネルが落ちてきたら・・・
+= と順番にタップすると の数字パネルが消えます。

これは電卓とほとんど同じ操作です。MATHCALQが電卓とちがうのは、自分で答えを計算しなければならないということだけです。これだけ分かっていればもう大丈夫。電卓が使える人ならMATHCALQの操作で迷うことはないでしょう。

途中で間違いに気づいたら Cボタンで選択解除できます。これも電卓と同じです。

horizontal break
 
 

開発版デモ動画特別公開中!

ここで実際に動いてるMATHCALQを特別にお見せします!

MATHCALQ Beta Demo Movie

MATHCALQ Beta Demo Movie

*画面は開発中のものです

horizontal break
 
 

チェインをつなげて高得点!

たとえば +×÷= と順番にタップすると , , , , の5つの数字パネルを一度に消すことが出来ます。このように一つの解を求めるまでに多くの数字パネルを使うテクニックはチェインと呼ばれ、チェイン数が多くなればなるほど、より高得点になります。

 
 
 

コンボ継続で高得点!

連続で正解し続けることをコンボと呼び、コンボ回数が正解時の得点計算に加味されるようになっています。コンボ数に上限はないので、正解し続ければどんどん得点効率がよくなっていきます。
計算途中で間違いに気づき、クリアボタンを押して計算をやり直してもコンボは継続します。不正解の場合だけコンボ数がリセットされます。

 
 

高難度演算子で高得点!

+ で計算するよりも、 ×÷ で計算した方が難易度が高いので、計算方法でも得点に差が出るようになっています。 や 2乗 はさらに計算難度が高いので、より得点係数が高く設定されています。はじめは + だけでゲームを進めることもできますが、慣れてきたら ×÷ も積極的に使うようにしましょう。

 
 
 

高速計算で高得点!

1分あたりの計算回数を計測し、いかに素早く計算しているかを得点係数として採用しています。もちろん最終的に正解しなければ計算回数としてはカウントされません。素早く正確に計算する能力が必要です。

 
 
 
mathcalq-ss-simple_device_white-chains01-230x447
mathcalq-ss-simple_device_white-chains02-230x447

*画面は開発中のものです

horizontal break
 
 

3つのゲームモード

フリープレイモード : 可能な限りハイスコアを目指す標準モードです。徐々にパネルの落下速度が上がります。

タイムアタックモード : 基準点に到達する時間を競います。

タイムリミットモード : 制限時間内に何点取れるかを競います。

 
 
 

3つのゲームレベル

NORMAL : 1〜3桁の正負の整数パネルが落ちてきます。

HARD : 1〜3桁の正負の整数、、2乗パネルが落ちてきます。

GEEK : パネルの数値が16進数など、10進数以外で表示されます。

 
 
 

*画面は開発中のものです

 
 
 

圧倒的な計算の自由度!

MATHCALQの大きな特徴のひとつは、なんといってもその計算の自由度の高さです。どんな計算の仕方をしても答えが合っていれば構いません。あなたの柔軟な発想でチェインをつなげて下さい。

 
 
 

圧倒的な脳トレ効果!

人間の脳がもっとも活性化するのは、単純な計算を可能な限り素早く、より多く解こうとしている時だとする研究結果があります。既に説明したとおり、MATHCALQでは1分あたりの計算回数に応じて得点が加算される仕組みになっています。長時間にわたって少し焦りながら、比較的単純な四則計算をし続けることになるわけですから、MATHCALQは脳トレにはまさにうってつけです。暗算能力も否応なく上がります。

horizontal break

近日公開